You are here

ユーザ モジュール データシート: USBFSブートローダデータシート、BootLdrUSBFS V 1.60 (CY8C24x94、CY8CLED04、CY7C64215、CY8C20x66、CY8C20x36、CY8C20x46、CY8C20x96、CY8C20xx6AS、CY8C20XX6L、CY7C643xx、CYONS2000、CYONS2110、CY8CTST120、CY8CTMG120、CY8CTMA120、CY8CTST200、CY8CTMG2xx)... | サイプレス セミコンダクタ

ユーザ モジュール データシート: USBFSブートローダデータシート、BootLdrUSBFS V 1.60 (CY8C24x94、CY8CLED04、CY7C64215、CY8C20x66、CY8C20x36、CY8C20x46、CY8C20x96、CY8C20xx6AS、CY8C20XX6L、CY7C643xx、CYONS2000、CYONS2110、CY8CTST120、CY8CTMG120、CY8CTMA120、CY8CTST200、CY8CTMG2xx)...

最終更新日: 
2012 年 10 月 22 日
バージョン: 
1.60
特性および概要
  • 柔軟性のあるメモリマップ
  • エンジニアリングツールを必要としないデバイス再プログラム
  • 製品レジデントが再プログラム可能
  • コードのオーバーヘッドを最小化するための、通信インターフェースを統合
  • ファームウェア アップデートのフィールドデプロイメント
  • USBフルスピード デバイスのインタフェースのドライバ
  • 割り込み転送および制御転送タイプのサポート
  • 簡単で正確なデスクリプタ生成のためのセットアップ ウィザード
  • デスクリプタ セット選択のランタイムサポート
  • オプションのUSBストリング デスクリプタ
  • オプションのUSB HID クラス サポート

USBブートローダは、エラー検知を組み込んだ、完全動作するデバイスの再プログラミングをサポートし、業界標準の通信インタフェースを有します。
 
複数のUSBデバイス デスクリプタが共存することで、実行されているデバイスに自己を再構成し、再プログラムするよう命令することが可能です。再構成中はコアUSB機能が維持され、データが転送および保存されている間のホスト通信をサポートします。再構成プロセスの最後に、デバイスは自己を再起動し、新しいプログラムを検証し、自動的に実行します。
翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。