You are here

The Art of Capacitive Touch Sensing | サイプレス セミコンダクタ

The Art of Capacitive Touch Sensing

最終更新日: 
2013 年 1 月 06 日

近年、タッチセンサは一般的に使われるようになっていますが、混合シグナルのプログラマブルデバイスによる最近の進歩により、静電容量式のタッチセンサが、広範な消費者向け電気製品の機械式スイッチに対する付加価値ある代替品となりつつあります。This article walks through a design example of a touch-sensitive button that can be actuated through a thick glass overlay.  To read more on this topic, click the download link above or view the full article on

Planet Analog.

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。