Stay Awake | サイプレス セミコンダクタ

Stay Awake

最終更新日: 
2017 年 6 月 26 日
バージョン: 
1.50
特徴
 
  • スリープ時にアクティブ状態であるルートを使用
シンボル図

一般的な説明

予期しないショートが発生した場合の防御策として、SC/CT と SAR ブロックはスリープに入ると、端子の接続を解除します。これにより、そのブロックの端子を経由するルート(静的/動的)、またはトラックジャンプの目的で端子を使用するルート(静的/動的)の接続も解除されます。

ステイアウェイク コンポーネントを使用すると、デバイスのスリープ時にアウェイクの状態にあるルートをユーザが特定できます。ステイアウェイク コンポーネントの接続は 1 点のみで、パラメータはありません。stay_awake コンポーネントが接続されているネットは、SC/CT や SAR ブロックの端子を使用せずにルーティングされます。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。