You are here

Quadrature Decoder (TCPWM_QuadDec_PDL) | サイプレス セミコンダクタ

Quadrature Decoder (TCPWM_QuadDec_PDL)

最終更新日: 
2018 年 3 月 26 日
バージョン: 
1.0
特徴 シンボル図
  • 16- or 32-bit Counter
  • Counter Resolution of x1, x2, and x4 the frequency of phiA and phiB inputs
  • Index Input to determine absolute position
  • Peripheral Driver Library (PDL) Component (PDL Application Programming Interface (API) only)
 

TCPWM Quad Dec Diagram

 

一般的な説明

The TCPWM_QuadDec_PDL Component is a graphical configuration entity built on top of the cy_tcpwm driver available in the PDL. It allows schematic-based connections and hardware configuration as defined by the Component Configure dialog.

The TCPWM_QuadDec_PDL Component gives you the ability to count transitions on a pair of digital signals. 典型的に、信号は、モーターやトラックボールにマウントされた速度/位置のフィードバックシステムによって提供されます。

The signals, typically called phiA and phiB, are positioned 90 degrees out of phase, which results in a Gray code output. グレーコードは、各カウントで 1 ビットだけ変わるシーケンスです。これは、グリッチを避けるために必須です。また、方向と相対位置の検出を可能にします。3つ目のオプション信号である名前付きインデックスは、回転ごとに一度、絶対位置を確立するための基準として使用されます。