You are here

Quadrature Decoder (QuadDec) | サイプレス セミコンダクタ

Quadrature Decoder (QuadDec)

最終更新日: 
2016年4月20日
バージョン: 
3.0
特徴
 
  • 調整可能なカウンタ サイズ: 8、16、または32 ビット
  • A および B 入力での 1x、2x、または 4x 周波数のカウンタ分解能による、より正確な位置または速度の決定
  • 絶対的な位置を決定するための、オプションのインデックス入力
  • 入力時にシステムから発生するノイズの影響を軽減する、オプションのグリッチ フィルタリング機能
シンボル図

一般的な説明

クアドラチュアデコーダ(QuadDec)コンポーネントには、1対のデジタル信号における移行をカウントする機能があります。典型的に、信号は、モーターやトラックボールにマウントされた速度/位置のフィードバックシステムによって提供されます。

通常AおよびBと呼ばれる信号は90度位相がずれており、結果的にグレイコード出力となります。グレーコードは、各カウントで 1 ビットだけ変わるシーケンスです。これは、グリッチを避けるために必須です。また、方向と相対位置の検出を可能にします。3つ目のオプション信号である名前付きインデックスは、回転ごとに一度、絶対位置を確立するための基準として使用されます。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。