You are here

Pseudo Random Sequence (PRS) | サイプレス セミコンダクタ

Pseudo Random Sequence (PRS)

最終更新日: 
2018 年 3 月 20 日
バージョン: 
2.40
特徴
 
  • 2~64ビットのPRSシーケンス長
  • 時間分割多重化モード
  • シリアル出力ビットストリーム
  • Continuous or single-step run modes
  • 標準またはカスタムの多項式
  • 標準またはカスタムのシード値
  • イネーブル入力が、その他のコンポーネントとの同期動作を提供
  • 計算された疑似ランダム数はリニアフィードバックシフトレジスタ (LFSR)から直接読み出すことが可能
シンボル図
PRS Riagram

一般的な説明

擬似ランダム系列 (PRS) コンポーネントは LFSRを使用して、疑似ランダムビットストリームを出力する疑似欄数列を生成します。LFSRはガロア形式(モジュラ形式と呼ばれることもあります)を取り、規定された最大コード長、または期間を使用します。PRSコンポーネントは、開始後からイネーブル信号が「HIGH」である限り連続動作します。PRS数値ジェネレータは、0以外のあらゆる有効なシード値により開始させることができます。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。