You are here

LINスレーブ | サイプレス セミコンダクタ

LINスレーブ

最終更新日: 
2020 年 12 月 18 日
バージョン: 
5.0

特徴

シンボル図
  • Full LIN 2.2, 2.1 or 2.0 Slave Node implementation
  • Compliance with ISO 17987 specification
  • Compliance with SAE J2602 specification
  • Compliance with LIN 1.3 specification
  • 完全にトランスポート層をサポート
  • 自動ボーレート同期機能
  • バスの非アクティブ状態を自動的に検出
  • 診断クラスIスレーブノードを完全に実装
  • Supports implementation of Diagnostic Class II and III Slave Node
  • 完全なエラー検出
  • Automatic configuration services
  • すばやく容易に構成するためのカスタマイザ
  • Supports import of *.ncf and *.ldf files, export of *.ncf files
  • Editor with syntax checking for *.ncf and *.ldf files

一般的な説明

The LIN Slave Component implements a LIN 2.2, ISO 17987, and SAE J2602 compliance slave node on PSoC 4 devices. Options for LIN 1.3 and LIN 2.0 compliance are also available. コンポーネントは、LINバスでの通信に必要なハードウェアブロックと、アプリケーションコードでLINバスコミュニケーションと容易に通信するためのAPIで構成されています。The Component provides an API that conforms to the API specified by the ISO 17987 Specification.

The Component provides a good combination of flexibility and ease of use. A comprehensive customizer allows you to easily configure all parameters of the LIN Slave Node. The Component supports both NCF and LDF files to configure the LIN Slave Node.

For PSoC 4 devices only, the LIN Slave Component is certified by the C&S group GmbH based on the standard protocol and data link layer conformance tests. A complete certification report can be made available on request. Contact Cypress Technical Support for details.

PSoC 3 and PSoC 5LP devices are not supported with LIN v5.0. Use the LIN v4.0 Component for these devices.

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。