You are here

Inter-IC Sound Bus (I2S) | サイプレス セミコンダクタ

Inter-IC Sound Bus (I2S)

最終更新日: 
2018 年 7 月 24 日
バージョン: 
2.70

特徴

  • マスタのみ
  • Single- and multi-channel (up to 10 channels) I2S support
  • サンプル当たり8~32データビット
  • 16、32、48、64ビットワード選択期間
  • Data rate up to 96 kHz with 64-bit word select period
  • Audio clip detection in I2S Rx mode
  • Byte swap audio samples to match USB audio class endianness requirement
シンボル図

一般的な説明

統合型IC間サウンド バス (I2S) は、複数のデジタルオーディオデバイスを接続するために使用されるシリアルバス インターフェース標準です。 仕様は、Philips® Semiconductor製です (I2Sバス仕様; 1986年2月、5年6月1996日改訂)。

The I2S component operates in master mode only. It also operates in two directions, as a transmitter (Tx) and a receiver (Rx). The data for Tx and Rx are independent byte streams. The  byte streams are packed with the most significant byte first and the most significant bit in bit 7 of  the first word. The number of bytes used for each sample (a sample for the left or right channel)  is the minimum number of bytes to hold a sample.

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。