You are here

I2C Master/Multi-Master/Slave | サイプレス セミコンダクタ

I2C Master/Multi-Master/Slave

最終更新日: 
2018 年 3 月 20 日
バージョン: 
3.50

特徴

  • 業界標準NXP® I2Cバスインターフェース
  • スレーブ、マスタ、マルチマスタおよびマルチ-マスタ-スレーブ動作をサポート
  • I2Cバスとのインターフェースには2つのピン(SDAおよびSCL)のみ必要です。
  • 100/400/1000Kbpsの標準データ転送速度をサポート
  • 高レベル API でユーザプログラミングを最小化
   
 シンボル図

I2C Chip

一般的な説明

I2Cコンポーネントは、I2Cスレーブ、マスタ、およびマルチマスタ構成をサポートします。I2CバスはPhilips社が開発した2線式ハードウェアインターフェースの業界標準です。マスタはI2Cバス上の全ての通信を開始し、全てのスレーブデバイスにクロックを供給します。

I2Cコンポーネントは最大1000Kbpsまでの標準クロック速度をサポートします。It is compatible with I2C Standard-mode, Fast-mode, and Fast-mode Plus devices as defined in the NXP I2C-bus specification. I2Cコンポーネントは他社のサードパーティスレーブおよびマスタ デバイスと互換性があります。

注: コンポーネントデータシートのこのバージョンは固定ハードウェアI2CブロックとUDBバージョンの両方に対応しています。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。