You are here

Cyclic Redundancy Check (CRC) | サイプレス セミコンダクタ

Cyclic Redundancy Check (CRC)

最終更新日: 
2018 年 2 月 26 日
バージョン: 
2.50
特徴
 
  • 1~64ビット
  • 時間分割多重化モード
  • シリアル ビット ストリーム入力用のクロックおよびデータが必要
  • シリアルデータ入力、パラレル出力
  • 標準 [CRC-1 (パリティ ビット)、CRC-4 (ITU-T G.704)、CRC-5-USB など] またはカスタム多項式
  • 標準またはカスタムのシード値
  • イネーブル入力が、その他のコンポーネントとの同期動作を提供
シンボル図
Comparator Diagram

一般的な説明

巡回冗長検査(CRC)コンポーネントのデフォルト使用は、あらゆる長さのシリアルビットストリームからCRCを算出することです。データ クロックの立ち上がりエッジで、入力データがサンプリングされます。CRC 値は、開始前に 0 に設定されるか、オプションで初期値をシードとして使用できます。ビットストリームが完了すると、計算された CRC 値が読み出されます。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。