You are here

Operational Amplifier (Opamp) | Cypress Semiconductor

Operational Amplifier (Opamp)

最終更新日: 
2018 年 2 月 26 日
バージョン:
1.90

特徴

  • フォロアまたはオペアンプ構成
  • 単一利得帯域幅 > 3.0 MHz
  • 入力オフセット電圧 2.0 mV (最大)
  • Rail-to-rail 入力および出力
  • 低抵抗接続で端子へ直接出力
  • 25 mA 出力電流
  • プログラム可能な電力および帯域幅
  • フォロアの内部接続 (セーブ端子)
シンボル図
Comparator Diagram

一般的な説明

オペアンプコンポーネントは、低電圧、低電力のオペアンプを提供し、電圧フォロワとして内部に接続することができます。入力および出力は、内部回路ノードへ、直接端子へ、あるいは内部および外部信号の組み合わせに対して接続できます。オペアンプは、高インピーダンスセンサとのインターフェース、電圧DAC出力のバッファリング、最高25 mAまでの駆動に最適で、また、どんな標準トポロジーでもアクティブなフィルタを構築します。

翻訳版のドキュメントは参照用です。設計開発に携わっている場合には、英語版のドキュメントを参照されることをお勧めします。